脊椎・骨腫瘍

脊椎・骨腫瘍について(放射線治療)

骨転移・脊椎転移について
がん患者様にとって骨転移は、直接生命を脅かすものではありませんが、痛み、骨折、麻痺など生活の質(QOL)を低下させる重要な原因となっています。
特に、脊椎に転移した場合、大事な神経である脊髄を圧迫し、四肢麻痺などをきたすこともあります。
骨転移、脊椎転移に適切に対処することで重大な障害を回避することができます。
がんの種類によりますが、骨転移を持ちながらも長い期間、がんと共存される方もおられます。
骨転移・脊椎転移の放射線治療
骨転移や脊椎転移に対して、放射線治療は有効な治療法として認知されています。
放射線治療には、骨転移による痛みの消失あるいは軽減させる効果があり、脊椎転移に対しては、脊髄圧迫による四肢麻痺のリスクを回避することが可能です.。
当クリニックにおける脊椎転移の放射線治療の特徴
骨転移の中で、最も問題となるのが脊椎転移による脊髄の圧迫です。
多くの医療機関では、脊椎転移に対して緩和的な放射線治療が行われていますが、当院では根治目的の照射を行っていま す。
また、脊椎に緩和照射した同じ場所に再発が生じてしまった場合でも、積極的に安全な根治的再照射を行っています。
当クリニックでは、IMRTの技術を用いて、経験豊富な専門スタッフにより、綿密な治療の評価のもと、脊髄を避けた高精度な治療が可能となっています。

脊椎転移に対するIMRT
脊椎には高線量(赤)が照射され、骨に囲まれた脊髄をくり抜くように照射を行います。
高精度な装置と技術を必要とする治療です。

放射線治療の流れ
放射線治療の詳しい流れについてはこちらをご覧下さい。
骨転移・脊椎転移のIMRTに係る費用
がんの原発巣が制御され、骨転移が限局している場合: 保険適用
骨転移が限局しておらず、複数のがん、転移がある場合: 自由診療

脊椎・骨腫瘍について(IVR治療)

脊椎・骨腫瘍について(IVR治療)

骨転移が疑われた場合、原発巣が不明なことも多く、原発不明がんの可能性もあります。
その場合には、当院では診断のための生検術を積極的に行っています。

骨転移・脊椎転移は、当院で放射線治療が主な治療となりますが、腫瘍に伴う圧迫骨折や、疼痛緩和目的のIVRも積極的に取り組んでいます。

具体的には、経皮的椎体形成術(PVP)、腫瘍に対する動脈塞栓術等が挙げられます。

お問い合わせ

06-6923-3501 受付時間 午前9:00~12:00  午後13:00~17:00 ※最初に「ホームページを見た」とおっしゃっていただくと助かります。
患者様専用 お問い合わせフォームは コチラ 医療関係者専用 お問い合わせフォームは コチラ