血管系IVR

血管系IVRとは

血管系IVR 保本卓

血管系IVRの治療風景

血管系IVRとは
血管系IVRとは、IVR(Interventional Radiology:画像下治療)の中でも、血管に細い管を通して行う手技のことで、それ以外の非血管系IVR(穿刺・ドレナージ生検、ラジオ波凝固療法など)と区別するため、そのように呼ばれています。
対象疾患は非常に幅広いですが、主に数種類のカテーテルという細い管を局所麻酔で血管の中に入れることで、様々な治療を行うことができるため、手術に比べて体の負担が少ないことが最大のメリットです。
当クリニックでは10,000例を超える豊富な治療経験を有した専門医のもと、IVRセンターにて、安全で質の高い血管系IVRを提供しています。
  • 肝がんに対するTACE 保本卓肝がんに対するTACE
  • 腎動脈瘤コイル塞栓術 保本卓腎動脈瘤コイル塞栓術
  • 胃静脈瘤に対するBRTO 保本卓胃静脈瘤に対するBRTO
血管系IVRの分類

血管系IVRは、大きく分類すると以下のようになります。

動脈塞栓(そくせん)術
腫瘍に対する抗がん剤動注塞栓術(肝臓がんに対するTACE等)、出血のコントロール(TAE)、運動器慢性疼痛に対する運動器カテーテル治療 (微細血管塞栓術=TAME)、血管病変に対する塞栓術、動脈瘤に対するコイル塞栓術、子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)など
門脈・静脈塞栓(そくせん)術
胃静脈瘤に対するBRTO(バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術)、門脈亢進症に対するPTO(経皮経肝的静脈瘤塞栓術)、PTS(経皮経肝的静脈瘤硬化療法)、TIPS(経頚静脈的肝内門脈肝静脈短絡術)、PSE(部分的脾動脈塞栓術)など
血流改善
血管形成術・ステント留置術、血栓溶解療法、透析シャントやASO(閉塞性動脈硬化症)に対するPTA(血管形成術)など
動注化学療法
肝がん、子宮がん、乳がん、頭頚部がんなど、皮下埋め込み式リザーバー治療
血管内異物除去術
特殊な道具を使って、血管内の異物(カテーテルの遺残など)を切らずに取り除く治療 
CVポート留置術
中心静脈カテーテルの一種で、長期にわたり、薬剤投与、静脈栄養が必要な方に、CVポートを埋め込む手技

※ 当院では一般に難易度が高いと言われる血管系IVRも積極的に行っています。
細いカテーテルや最新の塞栓デバイス(ビーズ)を用いた塞栓術といった新しい治療法や、通常は保険適用とならない手技も導入し、エビデンスと共に安全で質の高い治療法を行っています。
当院は、肝動脈塞栓療法研究会、日本メタリックステントグラフト研究会、日本IVR学会の多施設共同研究にも積極的に関わり、エビデンスに基づいた、より精度の高い、安全な治療の発展に寄与しています。

お問い合わせ

06-6923-3501 受付時間 午前9:00~12:00  午後13:00~17:00 ※最初に「ホームページを見た」とおっしゃっていただくと助かります。
患者様専用 お問い合わせフォームは コチラ 医療関係者専用 お問い合わせフォームは コチラ