生検

生検とは

生検とは
生検とは病気の診断や経過予後の判定のために、組織や臓器から小さな組織片を採取する方法です。
針をつかって組織片を得る針生検、外科的に切開して組織片を得る切開生検、内視鏡を見ながら採取する方法等があります。
当クリニックでは、超音波やCT透視(とうし)を用いて、さまざまな場所に針をすすめて、診断をおこなっています。
  • 骨腫瘍生検 専門医 保本卓骨腫瘍生検
    (骨転移疑い)
  • 腹部腫瘍生検 専門医 保本卓腹部腫瘍生検
    (原発不明癌、卵巣がん疑い)
  • CTガイド下骨生検 専門医 保本卓CTガイド下骨生検

代表的な針生検として、CTガイド下肺生検があります。
CTでは診断がむずかしい肺の小さな影に対して、局所麻酔で正確に針をすすめて診断を行うため、がんの早期発見などに効果的な検査です。 その他、画像検査でみつかった原因不明の腫瘍や、リンパ節などに針を刺して、診断するために行われます。

CTガイド下肺生検とは

CTガイド下肺生検 専門医 保本卓
CTガイド下肺生検
CTガイド下肺生検とは、CT装置でからだの断面像を見ながら、肺の病変部に細い針を刺して、組織を採取する検査です。
採取した組織を顕微鏡の検査などに提出し、治療方針の決定に役立てます。
原則として気管支鏡で見えにくい病変や、気管支鏡でうまく組織が取れなかった場合に行います。
検査は通常1泊2日、または2泊3日でおこないます。
病変の場所によっては日帰り検査も可能です。
所要時間: 約1時間(検査室入室~退室まで) 
検査の実際

CT室で横になっていただき、病変の位置に合わせた体位をとります。
うつ伏せになっていただく場合もあります。

皮膚を消毒した後、そのままの姿勢で滅菌された布を被せます。

検査中はなるべく大きな動きは避けてください(お声かけをいただければ対応いたします)。
局所麻酔を行い、CTの画像で病変を確認しながら、針を刺して組織を採取します。

※ 消毒薬や麻酔薬にアレルギーのある方はお申し出下さい。
 検査中、痛み・吐き気・手足のしびれ・気分不良などがありましたら、
 遠慮なく医師や看護師にお知らせ下さい。

検査後の注意
検査後は、針を刺した場所にガーゼをあて、病棟に戻り、約1~2時間ベッドの上で安静を保っていただきます。
合併症

軽度の合併症:
気胸(軽いものは約20-40%、チューブを挿入して空気を抜く必要があるものは約2-5%)、血痰など

重篤な合併症:
稀にですが、生命にかかわる重度の合併症が起きることがあります。
・ 空気塞栓症(くうきそくせんしょう)(肺の空気が血管内に入り脳梗塞や心筋梗塞を起こす、0.1%未満)
・ 緊張性気胸(重度の気胸、0.1%)
・ 肺出血(呼吸困難になる確率、0.05%)
・ 血胸(胸腔内に多量に出血する、0.1%未満)などが報告されています。

※ これらの合併症に対して、担当医の他、各専門の医師が迅速に対応できる体制を取っています。
 ご不明な点があれば、ご遠慮なく看護師、医師、スタッフにお聞きください。

お問い合わせ

06-6923-3501 受付時間 午前9:00~12:00  午後13:00~17:00 ※最初に「ホームページを見た」とおっしゃっていただくと助かります。
患者様専用 お問い合わせフォームは コチラ 医療関係者専用 お問い合わせフォームは コチラ