最新ニュース一覧

院長・副院長のご紹介
2015/04/24
都島放射線科クリニックでは、これまでの通り最新技術を使った放射線治療と、 さらにより多くの選択肢をもって 患者さまに安心していただけるクリニックを目指し、 2015年4月よりIVR治療を導入いたしました。 IVR導入に伴い、IVR専門医 保本 卓が副院長として就任し、新たな体制を組み、 患者の皆様にとってより...
当院でIVR治療が可能になりました
2015/04/24
IVR治療とは IVRとはインターベンショナルラジオロジー(Interventional Radiology)の略で、日本語訳は「画像下治療」です。 その他同義語として、「放射線診断技術の治療的応用」、「低侵襲治療」、「画像ガイド下治療」、「画像支援治療」、「血管内治療」、「血管内手術」などが挙げられます。 エックス線透視、血...
肺腫瘍の診療内容
2015/04/24
肺腫瘍について ■肺腫瘍について 肺腫瘍(はいしゅよう)は、肺(気管支を含む)から発生したもの(原発性肺腫瘍)と、他の臓器から転移したもの(転移性肺腫瘍)に大きく分かれます。 悪性の肺腫瘍(肺がん)は、正常組織よりも増殖速度が速く、まわりの組織を破壊して発育し、時に他の場所に転移します。 ■肺が...
Journal of Radiation Research に論文掲載
2015/04/16
当院名誉院長 井上俊彦の論文「Stereotactic body radiotherapy for Stage I lung cancer with chronic obstructive pulmonary disease: special reference to survival and radiation-induced pneumonitis」が「Journal of Radiation Research 2015」に掲載されました。 http://jrr.oxfordjournals.org/content/early/...
保本卓先生が副院長として赴任され,IVR治療が始まりました
2015/04/01
保本卓先生が4月1日より副院長として赴任されました. 放射線治療とIVRの融合型クリニックとして,新生都島をスタートさせます. トップページへ
「Journal of Radiation Research」に論文掲載
2014/12/18
当院医学物理士 三浦英治の論文「Differences in rates of radiation-induced true and false rib fractures after stereotactic body radiation therapy for Stage I primary lung cancer」が「Journal of Radiation Research」でオンライン発行されました。 (Website:http://jrr.oxfordjournals.org/content/early/20...
学会発表・講演会情報更新
2014/12/15
学会発表・講演会情報更新
2014/12/01
学会発表・講演会情報更新
2014/11/10
NACMPA award to best medical physics paper published during 2013-14 in Int J MP, clin Eng Rad Oncolを受賞
2014/07/24
当院医学物理士の三浦英治がNACMPA award to best medical physics paper published during 2013-14 in Int J MP, clin Eng Rad Oncolを受賞しました。 ▲写真向って右が三浦英治