最新ニュース詳細

五十肩などの慢性の関節痛に対する新治療 -運動器カテーテル治療-

2016/12/04

五十肩、変形性膝関節症、スポーツ障害などの慢性の運動器の痛みに対する新治療を開始しています。長期間の痛みがあり、いろいろな医療機関を受診しても良くならない場合に効果的な治療法です。従来の治療法とは違い、痛みの原因となっている異常な「もやもや血管」をカテーテルという細い管を使って塞栓(そくせん)することで、痛みを根本から改善させる画期的な治療法です。東京の江戸川病院で最初に実施され、現在では、全国4施設で治療を受けることができます。関西では唯一、大阪市内の都島放射線科クリニックで治療を受けることができ、常に江戸川病院と連携をとりながら様々な運動器に対するカテーテル治療を行っています。痛みでお困りの方は、是非一度お気軽にご相談ください。

>ご相談はこちらから http://www.osaka-igrt.or.jp/contact.html
>詳しい新治療の内容はこちらから
http://www.osaka-igrt.or.jp/consultation/region/catheter.html